行政書士 日野秀明事務所

HOMEへ

遺言・相続手続きサポート

相続の開始時期と開始場所


相続は死亡によって開始され、被相続人(故人)の住所において開始します。
相続税の申告
相続税がかかる場合は10ヶ月以内に税務署に申告の必要があります。
(当事務所は税理士も紹介しております。)
相続が発生したにも関わらず不動産等の名義変更をしていないと、いざ名義変更をしようとしても予期せぬ事で無用のトラブルが発生する可能性があります。出来るなら相続発生10ヶ月以内の名義変更(不動産登記申請については司法書士とタイアップしています)をお勧めします。

遺言書作成

遺言書作成は、財産がある人の話であると考えがちですが、それは大きな間違いです。 例えば、自宅と少々の預金を持っている人に相続問題が発生した場合にその自宅を手放さなくてはならない可能性もあります。 相続問題を未然に防ぐために、遺言書は非常に役立ちます。 特に子供がいない人は相続の時に相続人として配偶者(夫からみたら妻・妻からみたら夫)以外に亡くなった方の兄弟や甥・姪が加わるため、問題が複雑になることが多いです。「自分の最後の意志」を元気なうちに出来るだけはやく考えることをお勧めします。
当事務所では多忙な皆様に代わって、相続関係全般のお手伝いをしております。

まず、ご相談ください

当事務所は現在まで150件以上の相続に関するサポートをさせていだだいております。150件の相続には150件の様々なケースがありました。お客様が相続で悩んでこのページを読んでいるならば、是非一度、お気軽にお電話ください。当事務所での豊富な実績を基に納得のアドバイスを行えると信じております。

また、相続の手続きだけではなく、付随する遺品整理や、不動産の売却などもワンストップサービスで窓口となり対応することも可能です。是非、悩んでいるならばまず、一度お気軽にお電話お待ちしております。

HOMEへ